電話でのご予約

まぶたが重い、おでこにシワが寄っている、
眠そうな目と言われる、
こんな症状に思い当たりませんか?

それは「眼瞼下垂」の症状かもしれません。
眼瞼下垂を治療してキレイな目元へ。

こんな症状はありませんか?

  • まぶたが下がって目が小さくなってきたと感じている。
  • まぶたが重く見えずらい。
  • 上まぶたがくぼんできた
  • 額にしわが寄っている。
  • 「眠そうな目」と人からよく言われる。
  • 眉毛の位置が左右で違う
  • 目がとても乾く

上記の症状が当てはまったら・・・
それは、

「眼瞼下垂」

かもしれません。

眼瞼下垂とは?

まぶたを開けるには、眼瞼挙筋という筋肉がまぶたを持ち上げなければなりません。この筋肉の強さには個人差があり、特に先天性である「生まれつきのもの」や、後天性である「老化」「コンタクトレンズの長年の装着」によってこの力が弱い方、弱くなる方がいます。眼瞼下垂は、この筋肉や神経の異常によって起こります。

特徴としては、まぶたが重く下がったように見えます。片眼のことが多いものの、両眼に起きる方もいます。
挙筋の機能が正常になると、きれいな二重や目元をつくることが出来ます。

眼瞼下垂の手術では、緩んだ眼瞼挙筋(筋肉)を糸で縮めることで、まぶた自体をぐっと押し上げ、目本来の大きさになり、黒目もしっかり見えるようになります。
また、眼瞼下垂の方は、まぶたが下がってきていて視界が狭くなることもあるため、無意識に目を見開いてしまい、結果、額にしわが出来てしまったり、肩こりや頭痛を起こす方もいらっしゃいます。
緩んだ眼瞼挙筋を糸でしっかり止めることで、上記の症状を緩和することが可能になります。

~眼瞼下垂の原因~

  • 生まれつきのもの
  • 老化による筋肉の緩み
  • 長年のコンタクトレンズ装着

眼瞼下垂の進行度

  • 正常

    上まぶたのフチが黒目にほとんどかかっていない状態

  • 軽度

    上まぶたのフチが黒目と瞳孔に少しかかっている状態

  • 中度

    上まぶたのフチが瞳孔の上半分くらいまでかかっている状態

  • 重度

    上まぶたのフチが瞳孔の半分下くらいまでかかっている状態

眼瞼下垂になると、起きる症状・影響

視野が狭くなったことを補うために目を見開くクセから、以下のような症状・影響が現れます。

眼瞼下垂は、目薬や自力では完治できません。治すには手術が必要なのです。

手術の方法

手術にはいくつかの方法があります。

  • 小切開法

    まぶたを5㎜前後切開し、緩んだ眼瞼挙筋を糸で結びます。
    切開した箇所が二重のラインとなるため、傷跡は目立ちにくくなります。

  • 全切開法

    特にたるみの強い方、重度の症状の方は全切開法がおすすめです。
    まぶたの表面3~4cmを切開し、緩んだ眼瞼挙筋を糸で結びます。切開して余剰皮膚を取り除くため、たるみも同時に改善することが出来ます。
    心配する傷跡は、二重のラインに一致するため、目立たず、きれいに隠れます。

  • 埋没法(経結膜ミュラー筋タッキング)

    切らない眼瞼下垂は、まぶたの裏にある結膜を特殊な糸で縫います。メスを入れず切らないためダウンタイム(術後から手術前の状態に回復するまでの期間)も数日と短く済み、腫れも少ないのが特徴です。

お年寄りの方はたるみの強い方が多く、切開による眼瞼下垂手術になる方が多いのが現実です。また希望の二重のライン幅が広い場合も同様です。切りたくない方、傷をつけたくない方は、埋没法(経結膜ミュラー筋タッキング)での手術がおすすめです。
詳しくは診察の時にご相談ください。

眼瞼下垂は、眼科でも治療することが可能ですが、切開となった場合、縫合はそれなりになります。和歌山けいせい静脈瘤クリニックでは、19年の経歴を持つ形成外科医が縫合後の美しさも考えて対応いたしますので、切開法の場合でも傷跡が二重のラインに一致するため、目立たず、きれいに隠れます。

眼瞼下垂の手術、治療の流れ

  • STEP1

    診察

    現在の症状やお悩みをお伺いします。その後、目元のシミュレーションを行いながら、理想の目元にするにはどの施術が適切なのか、希望と施術方法とご予算を一緒に考えながら説明し、施術内容を決定します。しっかりご要望をお伺いいたしますので、不安な点などございましたら遠慮せずにお話ください。

    目元のシミュレーション

  • STEP2

    手術申込の手続

    施術内容が決まったら、手術申込書や同意書の記入、術後の注意事項説明文と、お薬をお渡しします。診察の後、当日そのまま手術を受けることも可能です。後日の場合は手術日のご予約をいたします。

    手術申し込み手続き

  • STEP3

    メイク落とし

    メイクをしている場合は、パウダールームでメイクを落としていただきます。眼瞼下垂の場合は目元のみ落としていいただいても大丈夫です。

  • STEP4

    手術

    手術室に移動後、さらに細かく二重のシミュレーションと印をつけます。印をつけ終わりましたら、手術開始です。手術台に横たわったあと目の周りを消毒し、点眼麻酔とまぶたに麻酔注射をします。局所麻酔となります。手術中は医師から常に声掛けがあるので、リラックスしてお受けいただけます。手術時間は片目15~20分程度、両目で30~45分程度で完了です。
    ※症状によってこれより時間がかかる場合もございます。

    最終シミュレーション
    手術の様子
  • STEP5

    手術後・完了

    アフターケアの説明後、すぐにお帰りいただけます。冷やすことで腫れを抑えることが出来ますので、保冷剤をお渡しいたします。

眼瞼下垂の手術料金

健康保険適用となります。こちらの費用は埋没法の費用参考となります。詳しくは、お問い合わせください。

手術給付金について

眼瞼下垂の手術は、民間の生命保険会社による手術給付金が受けられる場合がございます。ご自身でご加入の生命保険会社にお問い合わせください。
給付金をもらうには医師からの「診断証明書」が必要ですので、当院のご相談ください。

切らない眼瞼下垂手術 3割負担 1割負担
両目施術 約45,000円 約15,000円
片目施術 約22,000円 約7,500円

眼瞼下垂の手術後の注意点

  • 眼瞼下垂の手術後の入院や通院は必要はありません。
  • 眼瞼下垂の手術直後は多少の腫れが感じられ想像以上の二重幅になりますが、数日で落ち着き、自然な二重になります。
  • 会社や学校をお休みする必要も無いので、ごく自然な社会復帰ができます。
  • 眼瞼下垂の手術の当日から洗顔、入浴、メイクが可能です。ただし、手術当日・翌日は目元をなるべく濡らさないように注意してください。
  • 眼瞼下垂の術後、腫れの引かない状態でまぶたを強くこすったり、大きな負荷をかけることはまぶたの腫れを悪化させたり、思わぬトラブルの原因となりますのでおやめください。
  • 眼瞼下垂の術後に腫れが気になる場合は適度にまぶたを冷やして休むことをお勧めいたします。

よくあるご質問

自分の症状の場合、切らない埋没法か切開法か、迷っています。
まぶたの状態は患者様によって一人ひとり違っています。当クリニックでは患者様の要望と状態を加味してシミュレーションを行うので、ご希望の目元に対応します。まずはお気軽にご相談ください。
どのような場合に保険適応になるのでしょうか。
まぶたが下がることによりまぶたが重くて見づらい、視野が狭くなったので目を見開く影響でドライアイになった、偏頭痛がするなど日常生活に支障が出るような症状の場合は、健康保険を使った手術ができます。目的が美容で施術を受ける場合には健康保険の適用にはなりません。
入院は必要ですか?
手術後の入院は必要ありません。術後はお帰りいただけます。
手術後の腫れはどれくらい続きますか?
切開法の場合は、手術後は腫れが1〜2週間程度続きます、術後の数日は強く腫れますが、1週間程度から腫れが落ち着いてきます。その後は日ごとに落ち着いていき1ヵ月程度で腫れが収まります。
埋没法の場合は、手術直後は多少の腫れが感じられますが、数日で落ち着き安定した状態になります。
(個人差がございます。)
手術後注意することはありますか?
手術後の2〜3日は出来るだけ安静を心がけてください。腫れが気になるようであれば目の周りを冷やすことをおすすめします。その他には腫れの引かない状態でまぶたを強くこすったり大きな負荷をかけると腫れを悪化させる原因となりますので、おやめください。当日のアルコールの摂取はお控えください。

クリニック・医師紹介

和歌山けいせい静脈瘤クリニック

住所:和歌山県和歌山市美園町5-12-1 水了軒ビル3階
電話:0120-248-882
受付時間 10:00~19:00(月~水) 15:00~18:00(木) 日・祝休み

診療時間
午前の部 10:00
〜13:00
10:00
〜13:00
10:00
〜13:00
休診
午後の部 14:00
〜19:00
14:00
〜19:00
14:00
〜19:00
15:00
~18:00
日・祝日は休診日です。 △:ストリッピングなどの手術予備日です。
  • 受付
  • 診察室

【電車でお越しの方】
 最寄り駅:JR和歌山駅より徒歩1分(ロータリー目の前)
【お車でお越しの方】
 駐車場はございません。近隣のコインパーキングにお停めください。

担当医師

白川 裕二医師

患者様のお悩みや不安を払拭すべく、納得するまでお話させていただいております。一度ご相談くださいませ。

【略歴・プロフィール】
平成11年3月 和歌山県立医科大学 卒業
平成11年4月 大阪大学医学部付属病院麻酔科 勤務
平成12年4月 大阪警察病院形成外科 勤務
その後市立泉佐野病院形成外科、
大阪労災病院皮膚科形成外科勤務
平成16年11月 コーラルビューティークリニック開設
平成29年7月 KS静脈瘤グループ 勤務
お問い合わせ・ご相談はこちらへ ご予約はお電話にて承っております。
お電話 お問い合わせ アクセス